コンサルティングパターン,Consulting Pattern

当社は1~6までの段階別のコンサルティングパターンを用意しており、
コンサルティングテーマの「改善・改革範囲」とクライアント先の「自立レベル」に応じて、
最適なコンサルティングパターンの設定、組合せを致します

  • 1.教育研修(集合研修)
  • 2.実践研修(集合研修)
  • 3.実務教育(個人指導)
  • 4.改善活動(ワーキング活動)
  • 5.改善活動(PJ活動)
  • 6.経営指導

1. 教育研修(集合研修)

集合研修で専門家を育成する

コンサルタント 専門知識を講義する
研修メンバー 研修で専門知識を身につけ、実務で活用する

2. 実践研修(集合研修)

集合研修をした内容を実践指導し専門家を育成する

コンサルタント 実務で専門知識の活用方法、課題解決方法を指導する
研修メンバー 実務で専門知識を活用しながら能力をアップする

3. 実務教育(個人指導)

実務指導をしながら専門家を育成

コンサルタント 専門知識を実務で指導する
研修メンバー 実務指導で専門知識を身につけ能力アップする

4. 改善活動(ワーキング活動)

コンサルタントが必要に応じて改善案を作成しながらメンバーを指導する

コンサルタント 改善指導・チームマネジメント・改善案の立案をする
活動メンバー 改善案を立案、実践し成果を出す
(メンバーは機能組織単位)

5. 改善活動(PJ活動)

コンサルタントがPJをマネジメント・指導しながら成果を出す

コンサルタント 改善指導・チームマネジメントをする
活動メンバー 改善案を立案、試行し成果を出す
(メンバーは各機能組織から選抜する)
実行組織メンバー PJの改善案を実務で実践し成果を出す

6. 経営指導

コンサルタントが経営課題解決の方向を指導する

コンサルタント 経営課題の顕在化・改善指摘をする
活動メンバー 改善指摘を理解して自立的に改善を実践し成果を出す

ページの先頭へもどる